カテゴリー別アーカイブ: 英語多聴

アメリカ大統領選2016に思うこと「壁ではなく橋を」

いよいよ明日11月8日はアメリカ大統領選挙投票日。

いやはや…

Tadoku Familyとしても、今回の大統領選の様々なドラマから目が離せない日々を過ごしています。

ほんとうに、ドラマを見ているようです。

ここ数週間、私が多読多聴しているものは、大統領候補者についてメディアが報道する記事、コラム、動画、友人たちがSNSを通して発信している意見等々。Facebookの画面には民主党、共和党、それぞれを支持する様々な意見があり、もうびっくりするぐらい、たくさんのニュースや意見の渦に巻き込まれています。

それぞれの候補者を支持する友人・知人たちの、支持する根拠というか、信条と言うか、ひとつひとつ読んでいると、とても興味深いのです。さすがアメリカ人、とことん自分の意見をシェアし、発信し、ぶつけ合うのです。

しかし、あまりにもあからさまに相手のことを誹謗中傷する意見やスピーチ、演説の手法には、不快感を通り越して、嫌悪感さえ覚えてしまいます。

11月7日(月)NHKの大統領選に関する特集の中で、「ポリティカル・コレクトネス」を巡るアメリカが抱える問題についての言及がありました。

この現象を見守りながら、こんなことを考えました。

人は不安や恐怖を煽られる時に、恐れが心や思考を支配する時に、もしかしたら自分の中にある根本的な問題でさえ誰かのせいにしようとしたり、嫌悪感に促された思い込みや反発が生まれ、そこから恐ろしい信条が生まれてしまうこともあるのではないか。

私たちが知っているようで知らないアメリカの一面。「アメリカは偉大な国であるはずなのに、自分たちが直面している問題はなんなのだ。悪いのはだれなんだ!」と怒りの矛先を何かにぶつけようとして、とんでもないエネルギーを生み出している。

恐れや怒りや憎しみがネガティブなエネルギーを生み出してしまう現実。

 

スターウオーズの勇士、ヨダの名言が頭をよぎります。

”Fear leads to anger; anger leads to hate; hate leads to suffering…”

My hero, the legendary Yoda!

 

現状の政府に大きな不平や不満を抱き、T候補を熱狂的に支持することとなった人々が恐れているものは何なのか。恐れが怒りへと変わり、怒りが嫌悪を生み出し、嫌悪がもたらすであろう悲しみや苦しみ。

今日のアメリカが直面している問題は、けっして人ごとではない、私たちにも投げかけられている深刻な課題なのかも知れません。

 

あ〜、なんだか急に、スターウォーズが見たくなりました(笑)!

私がスターウォーズ・ファンであることを知っている教室のK君は、先週こんな格好をしてレッスンに現れ、私を喜ばしてくれました。

img_0836-2

 

 

 

 

 

 

 

「せんせ〜い、12月16日に「ローグ・ワン」が映画館ではじまるよ!」

皆さん、ご存知でしたか?

冒頭の親子の会話:

Father: Jyn. Whatever I do, I do it to protect you. Say you understand.

Daughter: I understand.

勇敢な父と、その父を信頼する子の、真剣なやりとり、かっこいい!

「スター・ウォーズ」シリーズから派生した映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)に、ダース・ベイダーが登場することが公式発表されたそうです。

K君、楽しみだね!

この映画で、私のヒーロー、ヨダの登場がないのは残念ですが、来年2017年12月に公開予定の本編「スターウォーズ・エピソード8」ではひょっとしたら会えるのではないかと、期待しています!

政界に、経済界に、スポーツ界・映画界に、私たちは心のどこかで、希望や望みを叶えてくれる、ヒーローを求めているのかもしれません。

 

人が恐れている問題にたいして本当の解決をもたらしてくれるものは、越えられないように築く「高い壁」ではなく、壊れている関係を結ぶ「かけ橋」の存在であり、「富や力」にではなく「貧しさや弱さ」の中に見つけることができるのかもしれません。

ほんとうの希望をもたらしてくれるもの、私たちの求めているヒーローは、ひょっとしたら私たちのよく知っている、でも見過ごしているかもしれない、静かな、でも確かなストーリーの中に見つけることができるのかもしれません。

img_0882

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

春・始める・続ける・Random thoughts

春です。

新しいスタートの季節です。

私の小さな教室にもこの春から多読を始めた仲間がいます。

IMG_0011

 

 

 

 

 

 

中学生二人、小学生一人。

年齢も好みも英語への興味もみんな違います。

教室のベースは多読とBBカード。

IMG_0005

 

 

小6生のBBカード・ミニ作文。

 

 

 

この二つをベースに英語習得のためのいろいろな可能性が生まれます。

読んでいる本もいろいろ。

IMG_0008

 

 

 

 

 

 

読み方もいろいろ。

それぞれの興味やペースによって、読む量や種類に違いは生まれるけれど、

ひとりひとりの英語が、ゆっくりと、着実に、上達していくことでしょう。

IMG_0005

 

 

 

 

 

 

やさしい英語から始めて、コツコツ読み続けて行くことで、英語を英語のまま吸収してほしい。

和訳をしないときちんと理解しているかどうかわからない、そんなやり方ではない。

ナチュラルな英語をそのままたくさん取り込んでいく。

IMG_0007

 

 

 

 

 

 

多読を始めたばかりの人たち、数年以上続けている人たち。

いろんな仲間がこの春も教室に通って来てくれています。

IMG_0002

 

 

BBカードのキャラクターがいろいろ出てくる楽しいイラスト入りのフリーライティング。

 

 

 

IMG_0001

 

 

この春多読3年目、中学生のフリーライティング。頭に思い浮かぶセンテンスを、辞書など使うことなく書き続けます。

 

 

「書きたいことを何でも、どんな英語でもいいから、イラスト入りもオッケー、とにかく10分間書いてみよう!」と去年から始めたフリーライティング。多読で英語のインプットがたまり、自然な英語を取り込んだ量が多い人ほど、スムーズに英語を書き続けることができるのです。

 

春は別れと出会いの季節。

STA_0009

 

この春、教室を巣立って行った仲間たちがいます。私の「似顔絵」をプレゼントしてくれました。

I like my smile and pink cheeks 🙂

結構似てる!?

 

 

季節や状況が変わっても、多読をコツコツ続けている仲間から嬉しい報告がありました。

春休み、おばあちゃんと京都旅行に行って来たという中学生。

「ホテルのロビーで暇つぶしてたら、英語がすう〜っと耳に入って来たんです。フロントの人が外国人旅行者の対応に困っていたようだったので、助けてあげたんです。ネイティブの英語が聞き取れたから、私けっこう英語わかってるんだな〜って。」

この経験を通して、彼女の英語に対する興味はますます膨らんだと思います。普段からたくさんの英語を読んだり聞いたりしていることで、ナチュラルスピードの普通の英語を耳にした時に「聞きとれる、わかる!」という自信が「助けてあげる」という行動につながりました。なんて素敵な報告なのでしょう。

この春、英語多読を始めた人、続けることを決めた人、今年もたくさん読んで、聞いて、話して、書いて、英語を使っていきましょう!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

My Heroes

今日は久しぶりに高校生のMさんが本を借りに来てくれました。

予備校クラスとの兼ね合いで、通常のレッスンには来れなくなりましたが、多読は続けたいとの事なので、来れるときに本を借りに来ています。電車の中やちょっとした時間があるときにカバンにこんな本が入っていれば隙間時間多読ができます。

単語本の丸暗記より、こういう本を楽しみながら読んだ方がずっと単語力がつくと思います。受験で頭がいっぱいになるこれからの時期、英語読書で気分転換することで、勉強の効率も上がるんじゃないかな〜。

 

久しぶりのMさんとの会話、本を選びながらいろいろな話をしました。

英検のこと、予備校のこと、受験のこと、いろいろ聞いていたらティーンの頃の自分を思い出しました。

Mさんが帰った後、なぜか無性にこの映画が見たくなりHuluで観ること、2時間。

Thank you, Hulu, for keeping it available for me to watch anytime I want!

 

私の原点。

E. T.

この映画、何度観ただろう。

映画が日本で初公開されたのは確か私が中3の冬。

模擬試験会場から家に帰宅する途中、映画館に観に行った事を覚えています。受験勉強真只中の頃、友だちを誘う事もできず、ただ一人、町の映画館へ足を運びました。

勉強や試験で悶々としていた日々。見終わった後、清々しい気持ちになり、何か大きなものに出会えてような気がして、胸が熱くなりました。

「感動」などと言う言葉だけではその時の気持ちを言い表す事はできません。夢と希望と憧れ、ポジティブな感情が次から次へと頭と心を支配して、「あ〜、E.T.に会いた〜い。」と本当に思ったのでした。この記事にもその時の事を少し書いています。

この映画をきっかけに、それまでにも増して洋画の魅力にはまり、ある種の異文化(未知や宇宙に憧れる探究心を画像や音楽で表現)に興味を持つようになりました。今の時代のYouTube やiTunesのようにお手軽に数多くは手に入りませんでしたが、当時の高校生としては結構な量(というか、同じ物を何度でも観たり聞いたり)の洋画や洋楽を楽しんでいたと思います。

 

「未知や宇宙に憧れる」と言えば、冒頭Star Warsの絵本を紹介しましたが、皆さんは映画ご覧になりましたか。

Star Wars Episode 7: The Force Awakens フォースの覚醒

 

Star Wars と言えばこのお方。

私はこの方を抜きにして、Star Warsの醍醐味を語る事はできません。

Jedi Master “Yoda”

Star Wars Episode I: The Phantom Menace ファントム・メナス

Every generation has a legend…

Every journey has a first step…

Every saga has a beginning…

 

”Fear leads to anger; anger leads to hate; hate leads to suffering…”

 

ヨダの言葉には重みがあります。

 

E.T. とYoda

私の青春時代を支えてくれた二人。

愛とやさしさ、勇気と希望を与えてくれるヒーローたち。

 

この二人が一緒に登場する映画の一場面。

スピルバーグは茶目っ気たっぶり。

 

頭も心も総動員して、泣いて笑って観た映画。

 

別れ際のかっこいいセリフはいつまでもいつまでも私の中に残っています。

 

“I’ll be right here.”

 

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

続けることの大切さ 〜多読記録帳を見て思うこと〜

今日は小6K君のレッスンと、中2の女子3人組レッスン、夕方から二つのクラスがありました。

IMG_0026

 

昨年8月から多読を始めたK君。5ヶ月あまりの期間に250冊近くの英語絵本を読み進めて来ています。語数にして17,000語!

 

 

 

中高6年間の英語教科書の総語数は25,000語くらいと言われているので、半年間でさらっとその量に迫る英語を読んできたことになります。すごいです!

IMG_0021

 

K君は教室で読むだけでなく家でも読めるように毎回20冊近くの本を借りて行きます。

 

 

 

 

IMG_0024

 

感想欄にも楽しいコメントや、印象に残った表現も英語でメモしながら、記録しています。

コツコツ続けて、どんどんインプットがたまっていきます。

 

 

 

そして、小学校6年生の頃から2年以上多読を進めてきた現在中2の女子たちの記録帳はこんな感じです。

IMG_0032 IMG_0030 IMG_0031

 

感想欄にはMr. Potato Headのイラストが!?

いつの間にこんな絵を…なんでも楽しみながらやれるのはいいことですね!

 

 

読んだ感想もいろいろ。

一言二言だけど要約力もすごい。

楽しみながら内容も理解して読んでいる事がよくわかります。シンプルだけど、かなり込み入った内容の文章を読んでいる。

 

 

このクラスのみんなは2年半ほどで700〜800冊の絵本を読んできました。最近では一冊2000語ほどの本も読めるようになってきました。でもそういう本は「一冊続けて読むと疲れる〜」と言っては休み、読んでは休みと続けています。

 

中2女子のグループレッスン、想像できますか。集中して静かに読み進めているなと思ったら、ボーイフレンドのこそこそ話で盛り上がって、なかなか本に戻れない事も。は〜っ。

“Stop talking, girls! Focus on your reading.”

私にガミガミ言われながら、脱線しながら、そんなアットホームなレッスンですが、総語数200,000語以上読み進めて来たわけですから、ほんとうによく頑張っているなと思います。

4月には中3になるみんな、来年の今頃は受験真只中。その頃まで多読を続けてくれる子はいるのかな〜。

今日は生徒向けに書いたニュースレターの文章を一緒に読んでレッスンを始めました。多読を続けていく中で、もう一度みんなと確認したいと思い、下記のような文章を書きました。3人中ふたりはいつもより熱心に多読に取り組んでくれたような気がします。

 

「今月のニュースレターより」

「多読多聴」という英語習得方法について、私が考える事を少し書いてみたいと思います。小学校高学年の皆さんから中学生、高校生の皆さんには以下のことについて読んでいただき、「使える英語」につなげるための「多読多聴」という方法について、今一度考えてもらいたいと思います。

 英語に限らず、外国語を使えるようになるためには「勉強ばかり」ではなく「使ってみること」が大切です。スポーツをする時、素振りやキャッチボール、パス練習だけできれば楽しい、と言う人はあまりいないと思います。みんな試合に出たいですよね。さらに試合で勝ちたいという目標があるので上手になります。英語も「基礎を習う」事は大切ですが、習い始めた言葉を実際に「使う機会」があるともっと面白くなり上手になります。

 それでは「英語を使う」ということはいったいどんなことなのでしょう。英語で人とコミュニケーションをとること、もっともですね!2020年には東京オリンピックが開催されます。たくさんの外国の方々が東京や千葉にやってくることでしょう。もちろん、そこで使われる公用語は英語です。皆さんも4年後の自分を思い浮かべてみて下さい。オリンピック会場で、あるいはオリンピック選手として英語を使ってコミュニケーションをとっている自分の姿が思い浮かびますか?

会話以外にも今すぐ日常で英語を使う機会はたくさんあります。好きな洋画を英語で楽しんだり、大好きなミュージシャンの曲を英語で聴いたり歌ったり、そういう事も全て「英語を使う」活動なのです。この教室でやっている「やさしい英語の絵本や読み物を読んだり聴いたりする」という多読多聴も英語を使っている貴重な活動です。そういう活動を通して英語を使っているうちに、会話や文章の中で使える英語が少しずつ増えてきます。「多読多聴」をしている時は日本語は使いません。英語を英語として100パーセント使っているとても有益な時間なのです。

 学校で学ぶ英語は大切ですが、中学・高校になると試験・受験が関わってくるので、「使うための英語」のはずが「テストで点を取るための英語」になってしまい、面白くなくなってしまうこともあると思います。当教室では、学校の教科書を細かく解説したり、「テストで点を取るための英語」の指導に時間をさくことはほとんどありません。英検や定期試験の前にテスト対策のお手伝いはしていますが、通常のレッスンでは「たくさん読み、いっぱい聴く、音読してみる」という時間に重点を置いています。多読多聴は学校や塾でやっている英語学習法と違うので戸惑いを覚える人もあるかもしれません。学校英語の勉強に関しては、まず英語の授業をしっかりと聞き、予習復習をやった上で、わからない事があればいつでも質問してもらって構いませんが、学校の勉強はしっかりと自分でやることを前提として、この教室に通ってほしいと思います。

 学校や部活でますます忙しくなると思いますが、週一回のレッスンだけではなく、教室から本やCDを借りてお家でも多読多聴、また好きな英語の素材を見つけて、生活の中に楽しく英語を取り込んで行ける環境(洋画、Youtubeで音楽、英語のPodcastやラジオ放送を聴く等)を作っていく事をお勧めします。使える英語を身につけるには「正確さ」よりも「わかる事を楽しくたくさん」という、インプットの量がたいへん重要になってきます。また、そのインプットは自分にとって「楽しい」「おもしろい」「興味がある」ものであればあるほど身に付いて行くのです。英語でやってみたい好きな事をたくさん見つけてほしいと思います。

 皆さんは英語を使えるようになりたいですか?私の教室では使えるようになるためのアイデアや素材をたくさん用意して、皆さん一人一人が持つ「英語の目標」を応援したいと願っています。どうか大切な時間を有効に使って、英語を使う楽しさをもっともっと知ってほしいと願います。

 

「先生、これ書くのたいへんだったでしょ。」と一人の女子。

「みんながこれからも多読を続けている姿を思い浮かべながら書いたから、ぜんぜんたいへんじゃなかったよ。」と私。

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

絵本の楽しみ方いろいろ “Today is Monday”

小学生クラスではこの本でいろいろと遊んでみました。

Today is Monday” by Eric Carle

①まずは私の声で楽しく読み聞かせ。

IMG_0011

 

Monday, string beans♪

Tuesday, spaghetti♪♪

Wednesday, Zoooop♪♪♪

All you hungry children, come and eat it up!

 

 

②次はYouTubeで見つけたストーリーソングをみんなで合唱。

メインフレーズは何度も繰り返し歌うので、食べ物の名前さえ覚えてしまえば、楽しく歌えます。

 

③「こんどは、みんなで食べる物をきめて、絵でかいてみよう!」ということで、一人ずつ曜日を決めて、食べたい物を描いてもらいました。

IMG_0002

 

 

Monday, Sushi

 

 

 

IMG_0009

 

 

Tuesday, Potato

 

 

 

IMG_0004

 

 

Wednesday, Soup

 

 

 

IMG_0005

 

 

Thursday, Salad

 

 

 

IMG_0006

 

 

Friday, Hamburger

 

 

 

IMG_0007

 

 

Saturday, Aojiru!?

 

 

 

IMG_0008

 

 

Sunday, Sundae

All you hungry children, come and eat it up!

 

 

④そして、最後はみんなで作った替え歌を大合唱♪ みんな大きな声で、お互いの絵に大爆笑しながら、楽しく楽しく歌いました。

手作り絵本&替え歌プロジェクトは大成功!

 

一冊の絵本でも楽しみ方はいろいろ。

「この絵本も思い出の一冊になってくれたらいいなあ。」と、教室のみんな、ひとりひとりの笑顔を思い浮かべながら、絵本のページをめくります。

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

多読中心のホームスクーリング

我家の2014−2015年ホームスクーリングも先日無事終了しました。

今年もそれぞれ、よく頑張りました!

 

すでに大学に進学している長女は、自己研鑽のためこの夏フランス滞在中。

高校過程修了間近の次女はイタリアホームステイを満喫中。

そして、中学生の三女はお姉ちゃんたちの冒険旅行に「いつか自分も続きたい!」と夢膨らませつつ、今年のホームスクーリングの学びを無事終了しました。

 

ホームスクーリング!?

 

「それ何ですか?」と思われた皆さまに、我家のホームスクーリングのほんの一部を「多読」の観点からご紹介したいと思います。

 

2006年夏、アメリカから日本へ引っ越してきました。

当時長女は6年生、次女は3年生、三女は4才でした。

それまでは現地の保育園、幼稚園、小学校に通い、土曜日は日本語補習校に通い、学校中心の忙しくも充実した日々を送っていました。

しかし…

日本に帰国するにあたり、私たち親と上の子二人の間で「英語で学んできた学習を日本でも続けたい。」という思いが募り、その可能性について調べ、学び、祈りました。そして、私たち家族の関心事や価値観を大切にできるであろう「ホームスクーリング」という教育を選択し、帰国と同時にスタートし、今日までこのスタイルで子ども達の学びをサポートしてきました。

ホームスクーリングと一口に言っても、「10のホームスクーリング家庭があれば10通りのやり方がある」と言われるくらい、家庭によってやり方も使っているカリキュラムも千差万別です。

多読ファミリーの我家は、「子どもたちにたくさんの良い本と出会ってほしい」との思いから、このカリキュラムを選びました。下の写真は毎年この時期に届くカリキュラム会社のカタログです。

IMG_0017

 

Sonlight:The way you wish you’d been taught. (サンライト:こんな方法で学びたかった←カリキュラム会社のキャッチフレーズ)

 

 

 

日本社会も様々な意味で多様化する中、ホームスクーリングを教育の選択肢として考え選ぶ家庭も少しずつ増えていくでしょうか。

アメリカではホームスクーリングが全ての州で合法化されていますが、日本では親が教育委員会や学校と相談しながら、基本的には地元の学校に籍を置いてホームスクーリングを進めているケースが多いと思います。

 

さて、ここから本のご紹介。

おもに三女が世界史をテーマに読み進めた本です。

IMG_0020 IMG_0023 1

 

一年間で読み終えた本50冊あまりを積み上げたらこんな感じ。

 

 

 

例えば、上からインド、日本、韓国、中国を取り扱った小説。一人で読む物もあれば、親と一緒にRead-aloudで読む物もあります。

日本史ベースの小説The Ghost in the Tokaido Inn(東海道五十三次の幽霊)、サブタイトルはThe Samurai Mysteriesです。お話は恐くないです。Homeless Birdはインドの女性差別問題を扱った感動的な一冊。

 

 

 

IMG_0025 1

 

IMG_0018

思えば、5才の時に一人読みを始めて大喜びしてた本はこんなのでした。

 

 

 

 

幼稚園のときに読み聞かせ等で読んだ推薦図書。選りすぐりの本ばかり。

 

 

 

IMG_0021

 

そして中学生過程で今年読んだ本は世界史がテーマ。このカリキュラムから選んだ本がアメリカから届くと、毎年ワクワクして箱を開け、本を本棚にならべ、「よーし、今年も読むぞ〜!」と張り切ってしまうわけです。

 

 

IMG_0001

 

今年読んだ中のお気に入りはこの本だそうです。500ページのミステリー!

 

 

 

多読中心のホームスクーリングと言っても、本を読んでいるだけではなく、読んだ本をもとに言語、歴史、科学、地理、倫理、宗教等々、様々な分野にわたって物事を扱い多角的に学習していきます。

本を丸ごと一冊読み進めていく学習方法は子ども達の学習意欲を高める優れた方法だと思います。私が小中学生だった頃など、本を丸一冊読んだのは夏休みの課題図書とか、しかも感想文を書くためにしぶしぶ一冊読まなくてはならなかった、そんな読書でした。

本は、歴史の世界、科学の世界、芸術の世界、人間関係を学ぶ世界へ、そして自分自身をあたらめて知る世界へ、実にあらゆる世界へと私たちを連れて行ってくれます。

たくさんの本との出会いが、子どもたちの成長のために大いに役立っていると感じます。

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪