本まるごと一冊の教育①

アメリカで子育てしていた頃の様子を忘れないうちに書き留めておこうかな。

Literacy Education(英語の読み書き)に関して、長女と次女が通っていたマサチューセッツ州ケンブリッジの小学校では、いわゆる「教科書」を使って授業をするというスタイルはとっていませんでした。自分にあったレベルの絵入りのリーダーや(一冊8ページほど、1ページ1語〜3語)フォニックスを覚えるための読み物をある程度スムーズに読めるようになると、内容がやさしいものや好きなものから本を読み始めていました。先生のアドバイスをもとに、一人一人が違う本を手にして読んでいました。毎日読み聞かせの時間もたっぷりありました。子どもたちは先生のまわりに集まってカーペットの上にそれぞれリラックスして座り、ストーリーに聞き入り、感想をのべ合ったりしていました。人気のある本は回し読みしたり、図書館で借りてきたり、そうこうしているうちに本をまるごと一冊読みながら学んでいく習慣が自然に身に付いていました。

IMG_0008

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

一石三鳥

ある日の会話

Daughter: Mommy, I can’t find anything interesting to write about for my current events blog. I’m not interested in any of the news from Japan News today.

Me: Why don’t you check NHK News Web Easy and see if you can find anything interesting there?

Daughter: O.K. Hmmm . . . Yeah, I can write about this snow-related news from Hokkaido. It will be great for me to practice summarizing and translating it in English!

News Web Easy は小学生、中学生、また外国人の皆さんがわかりやすい日本語でニュースを読めるサイトです。我が家の子供たちも最近、国内外のニュースをこのサイトで読むようになりました。わかりやすい日本語で書いてあるので、英語に訳す作業も比較的簡単なようです。日本語で読み、英語にまとめ翻訳し、時事ニュースを通して社会の動きに敏感になる、一石三鳥の活動だなあ。娘は最近、翻訳/通訳に興味を持ち始めたので、とてもよい練習になること間違いなし!

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪

はじめに、ことばがあった。

自宅で英語教室を開いています。私は英語と出会ってから、それまでにも増して楽しみが増え、たくさんの人たちと出会い、新たな目標ができ、ほんとうに豊かな経験をさせてもらってきました。「ことば」との出会いが私の人生を変えたといっても過言ではありません。

教室を訪れてくれる一人一人の子ども達との出会いを大切に、また「英語」を使うことを通して、子どもたちの世界が広がり、大きく羽ばたいていってくれますように、願いつつ、祈りつつ、ことばについて、教育について、考えていることや実践していることのあれこれを綴っていこうと思います。

Read Aloud

にほんブログ村 英語ブログへ
☆ランキング参加中☆
ボタンにクリックをよろしくお願いします♪